1. pinterest
  2. twitter
  3. linkedin
  4. facebook

JBL CLUB4505 5チャンネル パワーアンプ 最大出力1800W JBL,CLUB4505,5チャンネル,パワーアンプ,最大出力1800W JBL 5チャンネル パワーアンプ CLUB4505 最大出力1800W JBL 5チャンネル パワーアンプ CLUB4505 最大出力1800W JBL,CLUB4505,5チャンネル,パワーアンプ,最大出力1800W JBL CLUB4505 5チャンネル パワーアンプ 最大出力1800W

JBL CLUB4505 5チャンネル パワーアンプ 最大出力1800W

JBL CLUB4505 5チャンネル パワーアンプ 最大出力1800W
JBL CLUB4505 5チャンネル パワーアンプ 最大出力1800W
9LJFLmdC
30800円-55%-13860円




設置場所を制限しないコンパクトサイズ、
スピーカーレベル入力とラインレベル入力対応可能なパワーアンプ

薄型コンパクトデザインを採用しているので、車室スペースを有効に設置が可能です。またラインレベル入力とスピーカーレベル入力をスイッチ切り替えのみで対応が可能。ライン出力を持っていないヘッドユニットでも簡単に接続でき、純正スピーカーに本気を追加することでサウンドのグレードアップが可能。

■特長
設置場所を制限しないコンパクトサイズ
JBL CLUBシリーズのアンプは薄型、コンパクトデザインを採用。設置場所の制限を少なくすることで多くの車両へベストマッチします。

スピーカーレベル入力とラインレベル入力対応可能
ラインレベル入力だけでなく、スピーカーレベル入力にもスイッチ切り替えのみで対応可能。ライン出力を持っていないヘッドユニットでも簡単に接続が可能、純正に本機を追加することでサウンドのグレードアップが可能です。

可変クロスオーバーとバス・ブースト機能装備
エントリークラスながら、微調整が可能な可変クロスオーバーとバス・ブースト機能を装備。環境やお好みに合わせた細かい設定が可能です。
※CLUB 704にはバス・ブースト機能はありません。

“HALOSONIC(ハロソニック)”対応ミキシング入力装備
HARMAN独自のアクティブノイズコントロールシステム“HALOSONIC(ハロソニック)”対応ミキシング入力を装備。車内空間の静音性より外来ノイズを低減し、より良い音楽体験が可能となります。

先進運転支援システム(ADAS)対応の入力
フルレンジのCLUBシリーズ アンプに搭載されている優先入力により、先進運転支援システム(ADAS)から信号が検出された場合、再生音源よりも信号が優先されます。
■仕様
タイプ1800W 5chパワーアンプ
チャンネル 5ch
最大出力 1800W
定格出力 45W×4/320W(4Ω)
65W×4/500W(2Ω)
定格出力(ブリッジ接続時) 130W×2(4Ω)
重量(kg)約4.1kg

不整地での車いすのスムーズな移動を可能に

もっと詳しく

災害時要援護者の避難・移送に抜群の威力を発揮

もっと詳しく

『着脱式』車いすの緊急避難装置

名鉄百貨店JINRIKIページへ

「介護」から 「快護」へ

車いす本来の「押す」という機能に「引く+前輪を浮かせる」機能をプラスすることで、介助する側の不便や危険性を大きく改善。
安全性はもちろん、けん引バーを装着したままでも、跳ね上げ機能がついているので乗り降りも楽々!
介助する側、される側双方の「安心・安全・快適・楽ちん」を追求いたしました。

安心

車いすの操作に、もう強い力は不要!
介助者の負担を大きく軽減します!
災害発生時の避難等、もしもの時でも安心!

安全

一台の車いすを複数名で介助できます!
災害などの緊急時など、安全・迅速に移動ができます!
セントラルクリニックグループ監修、実証テストの安全基準に適合。

快適

強い日差しや風雨・雪から搭乗者を保護する豊富なオプションの数々。
オプション装着で車椅子での外出がさらに快適に!
不整地走行でも快適な乗り心地!

楽ちん

女性やお子様でも片手で前輪を持ち上げられます!
行楽地の不整地や雪の上での移動も楽々!
介助者の負担を大幅軽減!坂道、段差、雪道でも楽ちん移動!

Information

お知らせ

お知らせ一覧

EVENT

イベント情報

続きを読む

イベント一覧

JINRIKIシリーズ

例補装具と日常生活用具の申請ができるようになりました

facebook

みなさまへのメッセージ

これまで車いすユーザーにとっては、災害時の避難やバリアフリー以外の外出・旅行はあきらめていた方が少なくありません。しかし、JINRIKIを使用すればそれが可能となるのです。
その影響は車いすユーザーのみならず、その家族や友人知人、さらには観光事業者や公共施設等の受け入れ事業者にとっても多くのメリットを生み出すことなのです。

特に昨今頻発する大災害においては、すべての人の素早い避難の有効性が連日メディアでも報道されており、取り残され諦めざるをえなかった要配慮者の命を救うことになります。

ぜひ、まずは使ってみて実感してください。

特例補装具と日常生活用具の申請ができるようになりました

代表インタビュー動画